2017年6月23日 (金)

コンタクトプリント

 コンタクトシート用に使っている「EPSON写真用紙ライト<薄手光沢>A4」を切らしてしまったので、作業中断です。ヨドバシから200枚明日届くので、月曜日には今週のデジカメ分のコンタクト作成かな。
_1010278


 「コンタクトシート」というのはサムネイル一覧をプリントしたものです。私の場合、基本はA4サイズの用紙に6行6列=36枚で作っています。
_1010280

 「コンタクト」というのは、フィルム時代にフィルムそのものを引き伸ばしせず印画紙に密着(コンタクト)させて一覧を作ったところからきています。現像所に依頼する場合、何も言わないと六つ切り(A4みたいなもん)に縦横混ぜて作られてしまうので、「四つ切の上に綴じしろをつけて」と注文してました。本番はマット紙を使うんだけど、コンタクトははっきり細部まで見たいので光沢紙で。まぁ、印画紙が大きいと料金が高くなるから親切心で六つ切りに詰め込もうとしてくれていたんだと思うけどね。

_1010279

 今はフィルムで撮ってもいったんスキャンしてしまいます。それでコンタクトをプリントする。

 36枚撮りで37枚撮れてしまうカメラは多いです。そういう時は7行6列。24枚撮りは5行5列。

 ま、そんな感じ。

2017年6月20日 (火)

勝手に設定を変えるな!!

 私、常に胸ポケットにはカメラを入れてます。だいたいは高倍率コンパクトデジタルです。PanasonicのLUMIX TX1がTZ85。バッテリーを共用できるので、ふつうはこれ。

Imgp2289

 ところが、「勝手に設定が変わっていてまともに撮れない」ということが良く起こります。さっきも「フィルター」が「ファンタジー」になってた。いちばんある症状。操作するのに結構手間がかかり、戻すのがめんどくさい。
 私はホワイトバランスを常に「曇天」にしといて、RAWで撮り、あとでパソコン現像時にやればいいと思っているので、「ナチュラル」のままがいいんだな。
 あと「4K機能」ね。こんなの要らないって。動画も撮れなくていい。というか、勝手に動画モードになって写真が撮れていなかったこともある。
 なんか余分な機能はつけないか、ロックして使えなくする機能を付けるかしてほしいのね。

 

2017年6月13日 (火)

ああ、小さなメガネが欲しい

_1000989

手で押さえとかなきゃならんのだもの。

2017年6月 1日 (木)

今日は写真の日なんだってさ。

でもなんか世間で特別のイベントをやっている様子はなかった。

ちなみに「写真の日」ってのはいい加減に決められたもので、よーするに日本で初めて日本人カメラマンが撮影をした日ってらしい。でもそれが6月1日だってのは学問的には否定されてるとか。

でもいーんだよ。キリストが生まれたのが12月24日の晩だってのもウソなんでしょ?

_1000035

今日の空は少しアレだったね。

2017年5月 7日 (日)

買い物5000塩分。

買い物してきた。


Dsc00355

税込5千円ちょうど。でも間違って買ったのもあった。レジの前にじゅうぶん点検しなくちゃ。

2017年5月 6日 (土)

SONY HX-90Vを使い始めました。

Dsc00040

 日々のスナップ用の高倍率コンデジを胸ポケットに入れています。このサイズは大事なんです。よく「手のひらサイズ」とか宣伝されているけれど、別に手のひらに乗せて使うわけじゃありません。私にとってはシャツのポケットに入るかどうかが大切なのです。なのでコンデジ売り場で私はサンプル機をポケットに出し入れしていつも試してます。見るからに怪しそうですがなぜか店員さんに声をかけられたりしたことはありません。


2017年4月15日 (土)

にぁんこ。

にぁんこたちがいました。

File187
よく見ると、大きなネコが何か食べていて、その後ろに三匹が順番待ちしている感じ。

確か動物写真家・岩合 光昭さんのテレビ番組でこんなシーンを見たような。。。
あんときはメス猫に何匹かのオスが序列の高い順に近づいているって話だった。そういうことなのかな。交尾のチャンス狙っているのかな。

しばらく観察してました。この間321枚の写真を撮ってました。
いやぁ、なかなか難しい。手前から二匹目とフェンス越しの四匹目をもっとわかるように撮れたらよかったんだけど、下手にこちらが動いたらみんな逃げてしまいそう。

やがて手前の大きなネコがお食事をやめて左に出ていきました。他の三匹は追いません。こんどは二匹目がマンホールのふたに乗りました。エサを食べたいようです。でも何も残っていない。
よーするにエサ場の順番待ちだったんですね。でも一匹目が全部平らげてしまった。

二匹目が何もないのを確認したのを見て、三匹目、四匹目はもう近づきもせず解散してしまいました。

ネコの世界も大変ね。やだやだ。

2017年4月 7日 (金)

レンズ買い直し

機材点検をしてもらったら、ペンタックスの50mm単焦点レンズのピントリングにガタがきていて、直すにはオーバーホールになるといわれてしまいました。

幸い現行商品なので、新品を買い直しました。

P1030908
左があたらしいやつで、右が今まで使っていたやつです。
フードと保護フィルター、リアキャップは古いのから付け替えます。
このレンズをフルサイズのK-1に取り付けて撮れる写真の一例。花の背景に景色を入れられます。
20161107_img1742

けっこうぼけてくれますよ、50mmでも。下のなんか「85mmで撮ったんですか。」と言われたけど、そうじゃないです。

20161204_img3060
K-1用の「タムスパ」もダメになっているんだけど、Kマウントフルサイズ用の高倍率ズームは現在新品で売ってないらしい。
ま、いい機会だからまともな(?)レンズをしばらくは使ってみますわ。


ところで、だいぶ前にキヤノンのEF50mmF1.8がモデルチェンジしてしまいましたね。前モデル(Ⅱ型)は数千円で買えるチープなところが魅力でしたが、新モデルは大幅値上げです。その分まともって言っちゃまともなんですけどね。あのレンズ、確か3回ぶっ壊しています。ピントリングが、、、とかいうレベルじゃなくて、ブラっチックの鏡筒が前後真っ二つに外れてしまうんですね。いっつも同じ。でもそのチープさがたまらない。
今持っているのがダメになったら中古で買うんでしょうか。バカなお遊びも終わりなのでしょうか。

2017年3月23日 (木)

デジタルと銀塩

P1010380



インクジェットプリントとフイルムから印画紙へのプリントを比較しようという実験の方針をお話ししてたよ。おもろかった。
なんだかデジタルはカラーでは銀塩に勝つけれどモノクロでは逆に負けるらしい。解像度の低い画像から大伸ばしすると、銀塩はだいじょぶだがデジタルは見れたもんじゃない。と。
計画では35mm判デジカメと6×9判フィルムカメラで撮影したものを比べるということだ。解像度をそろえるにはそうなるのだが、35mm判と中判では取り回しが全く違うので、私にはなんだかフェアな比較ではないように思えた。

、にしても次回が楽しみ。

日芸は警備が厳重。入口に何人も守衛さんがいて、出入りする人をチェックしている。私も参加者名簿と照合され、会場になっている建物の中まで案内された。親切なようだが、もちろん監視の意味があるんだろう。北朝鮮旅行と似たようなもんだよね。

日芸はかつて1960年代の全共闘運動のころに、「銀ヘル」と呼ばれる、学部が単位のちょっと他とは違ったセクトができ、80年代までは存在していたのは確かなんだけど、こんなふうに出入りチェックが厳重になると活動は難しいよね。もう壊滅したかな。


2017年3月21日 (火)

インクを外しているときの保管法

EPSON SC-PX7VⅡのマットブラックとブルーのインクは差し替え式になっている。片方を使わないときはノズル部分にテープを貼るとホコリなどが混入しない。インクカートリッジの内部には弁があり、プリンターヘッドから外した時点で弁が閉まる仕組みになっているので、インクが蒸発するようなことはない。

---出典「アサヒカメラ 2017年4月号」148ページ

«K-1講習